第1回コンクール 審査結果発表

第1回コンクール審査結果を、以下の通り発表致します。

応募総数68作品

第1位

該当作品なし

第2位

組曲「野うさぎ」
久米 詔子(佐賀県在住、電子オルガン奏者、44歳)

第3位

ほうき星のうた
岡村 信子(埼玉県在住、主婦、43歳)

上の結果により、第2位の久米 詔子氏に賞金20万円、第3位の岡村信子氏に賞金10万円および、それぞれに記念品(上位10曲録音のCD)を贈呈する。

なお、第3次最終審査に残った10作品のうち、全審査委員から一定の評価を得た3作品を、入選として記念品を贈呈、他の5作品を佳作として、曲名と作曲者氏名を以下に公表し、その健闘を賞賛する。

入選

鳥の組曲本澤 尚之
小さな手のためのヴァリエーション・エチュード小栄住 明子
「ピアノの歌」より諏訪 雅彦

(敬称略/順不同)

佳作

ピアノ組曲「子どものために」平木 悟(※)
4つのインヴェンション徳備 康純
組曲「PLAY!」より柳川 瑞季
子供のための組曲中島 真由美
Album for the young木村 裕

(敬称略/順不同)

(※)お詫び
平木 悟氏について、結果発表当初、本名を掲載しておりましたが、楽譜にペンネームの記載があり、事務局で見落としておりました。お詫びして訂正致します。誠に申し訳ございませんでした。

総評

「子どものためのピアノ曲」が今回の作曲コンクールのテーマであったが、68曲の多数の応募に接し、主催者の期待に十分こたえるものとなった。

応募の範囲は、北海道から沖縄まで全国におよび、韓国、ロシア(在モスクワ日本女性)など海外からも作品が寄せられた。作曲者は、中学生から超ベテランまで広い年齢層にわたり、音大教員などプロの音楽家諸氏からの応募もあって、その内容は充実した質の高いものであった。とりわけ女性の作曲意欲はめざましく、入賞2曲も女性の作品となった。

これら作品はそのほとんどすべてが真摯な制作意図にもとづく作品であり、日本の子どもたちの音楽的要求に応えようとする親愛と配慮がうかがえるものであると同時に、創造的な意欲を十分に感じさせるものであった。

また、個々の作風、様式はさまざまであっても、ほとんどの作品が、どこかで民族の感性に根ざす音楽表現を志向していることが感じられた。これは、今回の応募作品に共通するひとつの大きな特徴ととらえることができるであろう。韓国からの応募作品にも、このことは通底していると感じられる。 

この特徴は、作曲者が各自の社会的な現実と音楽的な現実に誠実に対応しようとする創作態度を示し、地に足の着いた健全で健康な精神に立ちかつ豊かでしなやかな感性を発揮する結果となった。したがって、これら作品に対する審査も相応の手応えあるものとなったことが強く感じられた。

残念ながら、全作品の中から他を圧倒する力量と風格を備えた作品を見いだすに到らず、第1位なしの第2、3位入賞という結果になったが、第2位 組曲「野うさぎ」 の新鮮で繊細な描写力、自在な即興性、小形式ながら緊密な構成は説得力があり、第3位 ほうき星のうた では、幻想的な宇宙空間へと憧れる感情がライトモティーフ的な音型の活用で示され、巧妙な和声進行にみちびかれた抒情的な主旋律の高揚感が魅力的であった。

入選した3曲、佳作とされた5曲も、それぞれ意欲的な力作であり、審査員の評価が分かれた曲もあったが、入賞作を含めその多くが子どもたちの愛奏に耐えうる作品であったことは、このコンクールが本来の目的とする「音楽の好きな子どもたちに、同時代を生きる作曲者による新しい創作曲を提供すること」が、応募者多数の熱意によって、ある程度達成されたものといえよう。記して、応募者各位への感謝の言葉とする。

審査の経過は、下記の事務局の報告を参照されたい。

2011年3月31日
第1回小田原賞作曲コンクール審査委員会

審査の実施と経過

第1次審査

全68曲の無記名の楽譜および演奏録音CDを制作し、6名の審査委員に送付して、第2次審査対象31曲を選定。(第1次審査の合否について知りたい方は、当コンクール事務局宛まで、必ずEメールでお問い合わせください。)

第2次審査

上記31曲に対して、上記楽譜およびCDにより第2次審査を行い、最終審査(第3次)の対象曲を以下9曲に選定、さらに少数意見の具申を、最終審査時に求めることとした。

鳥の組曲本澤 尚之
組曲「PLAY!」より柳川 瑞季
小さな手のためのヴァリエーション・エチュード小栄住 明子
組曲「野うさぎ」久米 詔子
「ピアノの歌」より諏訪 雅彦
ほうき星のうた岡村 信子
ピアノ組曲「子どものために」平木 悟
4つのインヴェンション徳備 康純
子供のための組曲中島 真由美

(敬称略/順不同)

最終審査(第3次)

全6名の審査委員と、会計監査および事務局員合計11名の参加のもと、少数意見により復活した下記1曲を加えた全10曲に対して厳正に最終審査を行い、上記の審査結果を得た。

Album for the young木村 裕

(敬称略/順不同)

付記

なお、第1回コンクールの募集要項および審査委員については、以下をご確認ください。

※すべて敬称略にて失礼致しました。

2011年3月31日
小田原賞作曲コンクール事務局