第2回コンクール 審査結果発表

第2回コンクール審査結果を、以下の通り発表致します。

応募総数27作品

第1位

午後の教室への前奏曲
綿引 浩太郎(千葉県在住、私立中・高等学校非常勤音楽講師、27歳)

上の結果により、第1位(優勝)の綿引 浩太郎氏に賞金30万円および、記念品(上位9曲録音のCD)を贈呈する。

なお、第2次最終審査に残った9作品のうち、全審査委員から一定の評価を得た4作品を、入選として記念品を贈呈、他の4作品を佳作として、曲名と作曲者氏名を以下に公表し、その健闘を賞賛する。

入選

とてもやさしい4つの小品山口 哲人
「冬の思い出」バイオリンとピアノのための岡村 信子
あの桜が咲く頃に佐藤 信人
ヴァイオリンの為の二つの情景西出 真理

(敬称略/順不同)

佳作

ヴァイオリンとピアノのための主題と4つの変容「竹林にて」徳備 康純
桜のうた美馬 佳世
『旅路』子どものためのヴァイオリン独奏曲(ピアノ伴奏付き)大森 愛弓
Pizzicato Fantasy平木 悟

(敬称略/順不同)

総評

今回のテーマは、「子どものための弦楽器の独奏曲(無伴奏またはピアノ伴奏付き)」であった。当初、前回のピアノ曲より、幾分、応募数が減る事も予想されたが、結果は全部で27曲(内、チェロ5、ヴィオラ1)の参加があり、期待を遥かに超える盛況であった事は、まことに喜ばしい。

審査は、事務局3名及び、監査1名の立ち会いのもとに常任の3委員に加え、今回の特別審査委員としてヴァイオリン、チェロ、コントラバス奏者各1名、それにピアニストの合計7名がこれら応募曲の審査にあたった。応募の範囲は、岩手から兵庫にまで及んだ。作曲者は、20歳から78歳と幅広かった。

本選会に残った9作品のうち、5名以上の審査委員によって支持された4作品と、4名によって支持された5作品のなかから、2名の審査委員によって再評価を求められた1作品を加えた計5作品について、あらためて最終審査を行い、6名の推薦を得て優勝作品が決定された。

審査の情況と結果については、下記の事務局報告を参照されたい。

作品は、前回と同じくほとんどすべてが真剣さまじめさにあふれ、音楽を愛する子ども達に対して正統な音楽観と同時に未来を見つめさせたい、とする願いや祈りが溢れた結果なのであろう、なかなかの力作揃いであり、審査委員達はいずれも兄弟付け難いこれら作品群の中にあって、呻吟しつつも来るべき時代への大きな期待が膨らんでくるのを感じたに相違ない。

ヴァイオリン、チェロその他、西洋の長い歴史の中に存在して来た楽器のための創作、という条件のためか、比較的ここ200年の音使いを根幹とした語法を用いたものが少なくなかったが、中には近・現代の響きに大胆にアプローチしたものもいくつかあり期待させるものがあった。しかし、そこまでの作曲技法を身につけているのであれば、今一歩踏み込んで日本の伝統的な響き(民謡その他のジャンル)を試みる大胆さがあっても良かったように思う。

審査結果は、昨年は第1位なしであったが、今回は見事、第1位に選ばれた作品があった。選ばれたのは上記の通り、「午後の教室への前奏曲」を作曲した、綿引 浩太郎氏。

優勝作品「午後の教室への前奏曲」は、現代的なリズム、ハーモニーを十分に取り入れながら、今を生きる青少年の感性にいきいきと問いかける作品となった。

また、弦楽演奏面では特に高度な技術を要求することなく、作品の演奏を楽しめるような十分な配慮がなされており、作曲者の若い演奏者たちへの愛情と期待が感じられた。これは、このコンクールの「音楽の好きな子ども達に、同じ時代を生きる作曲者による新しい創作曲を提供する」という目的が、よく活かされているものということができよう。

多数の熱意溢れる応募者によって、今年はあたらしいジャンルに一歩を進めることができ、優勝作以外にも最終審査の対象となった4作品を入選作として表彰することを得た。記して、応募された各位に感謝を申し述べるものである。

2012年5月31日
第2回小田原賞作曲コンクール審査委員会

審査の実施と経過

第1次審査

全27曲の無記名の楽譜および演奏録音CDを制作し、7名の審査委員に送付して、第2次審査対象に以下9曲を選定。

午後の教室への前奏曲綿引 浩太郎
とてもやさしい4つの小品山口 哲人
「冬の思い出」バイオリンとピアノのための岡村 信子
あの桜が咲く頃に佐藤 信人
ヴァイオリンの為の二つの情景西出 真理
ヴァイオリンとピアノのための主題と4つの変容「竹林にて」徳備 康純
桜のうた美馬 佳世
『旅路』子どものためのヴァイオリン独奏曲(ピアノ伴奏付き)大森 愛弓
Pizzicato Fantasy平木 悟

(敬称略/順不同)

第2次審査(本選会)

全6名の審査委員と、会計監査および事務局員合計11名の参加のもと、上記9曲に対して第2次審査(本選会)を行い、5名以上の審査委員によって支持された4作品と、4名によって支持された5作品の中から、2名の審査委員によって再評価を求められた1作品を加え、最終審査(第3次)の対象曲を以下5曲に選定。

また、全審査委員に、上記9曲以外に敗者復活を推薦する作品を募ったが、それは得られなかった。

午後の教室への前奏曲綿引 浩太郎
とてもやさしい4つの小品山口 哲人
「冬の思い出」バイオリンとピアノのための岡村 信子
あの桜が咲く頃に佐藤 信人
ヴァイオリンの為の二つの情景西出 真理

(敬称略/順不同)

最終審査(第3次)

上記全5曲に対して厳正に最終審査を行い、上記の審査結果を得た。

付記

なお、第2回コンクールの募集要項および審査委員については、以下をご確認ください。

※すべて敬称略にて失礼致しました。

2012年5月31日
小田原賞作曲コンクール事務局